2016年8月2日火曜日

他でもない話

データアナリティクスグループの梅田です。



「カテゴリ」や「分類」が設定されているデータを分析していると
  • 「その他」の件数が、割と多い
という状況に遭遇することがあります。

インシデントデータを考えてみましょう。

古い記事で恐縮ですが、以下のブログ記事ではインシデントの区分分けを提案しています。
この区分に従って分類された、インシデントのデータを分析するケースを考えてみます。

インシデントの分析ってどうすんの?
http://itsmbsp.blogspot.jp/2014/08/blog-post.html

具体的には以下の状況です。
  • インシデントは、「トラブル」「Q&A」「要望」「その他」で、カテゴリの分類が行われている
  • インシデントのうち、「トラブル」に属するものは、さらに「ハードウェア」「ソフトウェア」「インフラ」「ヒューマンエラー」「その他」で、サブカテゴリの分類が行われている
このようにして区分分けされたデータを集計するとき、「その他」に属するインシデントは、他のどの分類にも当てはまらないインシデントなので、少ないのではないか、と考えてしまいがちです。例えば下図のイメージです。


ところが、実際にデータを集計してみると、「その他」に属するインシデントが割と多いことがあります。下図のイメージです。


「ハードウェアに次いで多発しているトラブルって何?」という話になり、該当するインシデントデータを調査して内訳を調べることになります。
ただ実際には、1つの分類が25%に達しているわけではなく、あくまでも既存の4つの分類に当てはまらなかったインシデントの合計が25%に達しているだけです。内訳を調べて数の多いものを分類に追加するなど、カテゴリやサブカテゴリを整理して再分類してみると、「その他」のデータは分割されていき、現状をより正しく反映した割合分布が得られると思います。

データに対してカテゴリやサブカテゴリを設定した後、途中でカテゴリの見直しを行わずにデータを溜め続けると、溜めたデータを分析しようとする段階になって、上記のようなことが起こる可能性があります。
データを起票する際に、以下のような状況が起きていないでしょうか。
  • 内容に当てはまるカテゴリがなく、仕方がないので「その他」に分類している
  • カテゴリAとカテゴリBの境界線上にあるような内容で、どちらに入れるべきか判断できないので、仕方なく「その他」に分類している
  • 最近、「分類:その他」のデータばかり起票している気がする
そのときは、カテゴリを見直すタイミングが来ているのかもしれません。
現状の再確認として、「その他」のデータがどれ位あるのか、確認してみてはいかがでしょうか。


0 件のコメント:

コメントを投稿